_
  • ホームへ
  • 回収までの流れ
不用品回収カテゴリー
  • 遺品整理
  • 粗大ゴミ回収・処分
  • オフィス・事務所
  • 店舗・飲食店
  • 引越しに伴う大量処分
  • ゴミ屋敷の片付け
  • 家電回収
  • 生活用品
ご案内
  • 会社概要
  • よくあるご質問
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ
  • お見積依頼
  • サイトマップ
リサイクルマート スタッフ募集 チャレンジ25に参加しております!

引越しに伴う大量処分

福岡不用品回収ファクトリーでは格安での家電回収を行っております。家電の処分でお困りの方、なるべく安く処分して欲しい方は、 お気軽に当社にご相談ください。 新しいものはリユース、少し年式の古いものは海外輸出、エアコンや洗濯機などは資源としてリサイクル することで、 家電回収費用の大幅削減を実現いたします。
_
家電回収は福岡不用品回収ファクトリーにお任せください!
安心ポイント1
安心ポイント2
安心ポイント3
安心ポイント4
安心ポイント5
家電回収例 一覧
    • ブラウン管テレビ
    • 液晶テレビ
    • プラズマテレビ
    • 2ドア冷蔵庫
    • 洗濯機
    • 二槽式洗濯機
    • ドラム式洗濯機
    • 全自動洗濯機
    • エアコン
    • クーラー
    • ウィンドファン
    • TFTモニター
    • パソコンモニター
    • ブラウン管モニター
    • 液晶モニター
    • パソコン本体
    • パソコン筐体
    • デスクトップパソコン
    • ノートパソコン
    • ラップトップ
    • 自作パソコン
    • 電子レンジ
    • 窓用エアコン
    • 業務用エアコン
    • DVDデッキ
    • DVDレコーダー
    • CRTモニター
    • オーブンレンジ
    • ビデオデッキ
    • 編み機
    • アンテナ
    • 衣類乾燥機
    • 映像機器
    • 音響機器
家電リサイクル法とは?

一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、 冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機
衣類乾燥機から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

  1. 法施行前、一般家庭から排出される家電製品は、現在、約8割は小売業者によって、約2割は直接市町村によって回収。その後は、大凡その半分は直接埋め立てされるほか、残りは、破砕処理されるが、一部金属分の回収が行われている場合があるものの、そのほとんどは廃棄されているのが現状。
    (注:この破砕処理された廃棄物(シュレッダーダスト)については、埋め立て地が非常に逼迫)
  2. このため、廃棄物の減量と有用な部品・素材の再商品化等を図り、循環型経済社会を実現していくため、家電製品等の製造業者等及び小売業者に新たに義務を課すことを基本とする新しい再商品化の仕組みを構築することが緊急の課題。
    これによって、省資源・省エネの推進に寄与するとともに、技術開発等を通じ、環境関連産業の発展にも貢献。
家電リサイクル法の目的

家電リサイクルの対象商品は、従来の市町村等の設備では適正なリサイクルが困難で、また有用な資源が多く含まれている
ものが選ばれています。
家電リサイクル法は、以下のとおりの目的で制定されました。

  • . 廃棄物の減量・・・廃棄された後に最終的に埋め立て等されるものを削減するとともに、排出されるものの発生を抑制
  • (長期使用)することの双方
  • . 再生資源の利用・・・リサイクルすることで再び原料として利用等
  • . 廃棄物の適正処理・・・生活環境保全のために適正に処理(フロンなど)等
お見積依頼専門フリーダイヤル
0120-777-284
_
ページトップへ